サルーキ= | SALUKI= official website

LOGO.jpg

BB04PROFILE.jpg



サルーキ=の軌跡
2000年 / 2001年 / 2002年 / 2003年 / 2004年 / 2005年
2006年 / 2007年 / 2008年 / 2009年 / 2010年 / 2011年

2000年

11月
某アコースティックユニットを解散したばかりの chiyo(Vo) が渋谷駅前でストリートライブ中、
これまた某アコースティックユニットを解散後、悶々としていた仕事帰りの 森モーリー剛(G) と出会い
サルーキー結成に向けて動き出す。

2001年

1月
以前chiyoとバンドをやっていたyouchan(川嶋祐輔)がベースに加わり初めて3人でスタジオ入り。
サルーキー正式結成に至る。
同月、3人ながら渋谷7th floorにて初ライブを敢行する。
ライブ後TBS系「筑紫哲也のニュース23」の取材を受ける。
2月
ドラムにkoba(KAZU・小林和弘) 加入。
路上ライブ中にお客さんからパソコンを頂く。
「ニュース23」on Airもテレビに映ったのは2、3秒程度…現実を噛み締める。
渋谷路上にてテレビカナガワ系音楽番組「ULF-TV」の取材。
新人インタビュアーのお姉さんのたどたどしいtalkに気を遣って、chiyo喋りっぱなし。
3月
ドラム加入後、四谷フォーバレーにて初ライブ。
TVカナガワon Airも、あれだけ喋った面白トークは全てカットされていた…テレビの怖さを再び知る。
渋谷7th floorにてアコースティックライブ。デモテープも完売で大盛況。
4月
7th floorでのライブを最後にkoba(Dr) サルーキーを電撃脱退。
某ディ○ニーランドへ。
5月
原宿ルイードでのライブ直前にtakasan(Dr) が電撃加入。
バンドは物凄い集中力で音を完成させ、ライブは大成功。動員も初の50人を上回る。
下北沢ガレージにてライブ。ルイードに続き50人以上の方が集まる。
6月
高田馬場Club Phaseにてアコースティックライブ。鏡つきの広い楽屋に感動する。
cw/児島啓介/本名カズト
7月
サルーキーとして初のレコーディングに突入。
路上ライブで知り合った東大へ通うヘンな外国人ニックがエンジニアリングを手がける。
曲は「会えない間」「僕の神様」をREC。
8月
キャパ400人を誇るデカ箱、表参道F.A.Bにてライブ。当日から発売したデモテープは完売。 
cw/ザ・ランブラーズ/オイスターズ
原宿ルイードにてライブ。 
cw/みゅうみゅう
9月
下北沢club251にてお昼のオーディションライブ。受かったものの店の人に「平均」とそっけなく言われ奮起する。
10月
四谷天窓にて久々のアコースティックライブ。
この日のライブを最後に新曲創りの為、年内のライブ活動は休止し、しばしの冬眠に入る。
11月
新曲がようやくまとまって出来、来年にむけてスタジオワーク。
12月
サルーキーHP [DOGGY HOUSE]mobile が開通!

2002年

1月
下北沢251にて夜のオーディションライブ。
久々のライブという事で気負いもあったが気迫のライブを展開。
オーディションはパスするが喜びはなし。何故ならこんなところで立ち止まっていられないからだ。
2月
初の渋谷オンエアーネストにてライブ。夢のステージ!…と思っていたら意外に狭い。
chiyo インフルエンザで高熱の中、下北沢ガレージでライブ。
アクシデントが功を奏したのかライブは熱いものに。
3月
ガレージライブの勢いに乗って原宿ルイードでライブ。
この頃から音楽事務所からいい話をして頂けるようになる。
徐々に音楽とライブに対する意識が変わってくる。
4月
サルーキー初、六本木へ進出。エッジにてライブ。
chiyo 六本木を意識しすぎてか衣装は何故か豹柄…。「こういうの着てみたかったの」(本人/談)。
ライブは初の45分というロングライブ。ライブがたまらなく楽しくなってくる。
5月
スカイパ-フェクTVの取材と
事務所から突きつけられた「7/8ライブに100人動員できればウチからCDを出してやる」
という追い風の中で行われた吉祥寺プラネットKでのライブは熱いものになる。
この頃からサル-キ-は完全に殻を破り始める。
6月
ディズ○-ランドからようやく帰ってきた男 KAZU がドラムに復帰。
夢と魔法の世界から帰ってきたはずなのに、ヤツはロックで熱い男になっていた。
そんな中で行われた渋谷ネストでのライブ(6/17)は
来たる7/8 運命のライブ直前の緊迫した空気とも合わさって直情型ロックライブになる。
7月
運命の日を迎えた7月8日渋谷ネスト、そこには100人をゆうに越える
136人ものサルーキーを見に来てくれたお客さんの姿があり、
自分たちが信じてやってきた事は間違ってなかった事を実感。感涙のライブとなる。
ライブ後はCDデビューがかかっている事など忘れてしまうほどの感無量状態であったが、
めでたくCDリリースが決定する。
8月
インディーズからのCDリリースが決定したことで加速するサルーキ=は8月に2回のライブを敢行。
8/23初の六本木Y2K登場(cw/さくら、zz、ぶんやともあき)、
久々の下北ガレージライブ(8/30)も、勢いそのままにきっちりトリを務める。
ステージを飛び降りてあおる chiyo にライブ後「やっと降りてくれましたね」と youchan の感慨深い一言。
9月
ライブでいかにエンターテインできるか、というテーマの元、
挑んだ初の2階席アリのデカバコ、初台ドアーズでのライブ(9/25)。
chiyo のマイク振り回しすぎて床に「ゴン!」というハプニングも。
10月
10/17オープンしたばかりの大塚レッドゾーンのイベントに出演。
何とこのハコ、ライブハウスにしてホール用の照明を使っているらしくステージはサウナ状態。
汗ダクダク…まさに気分はレッドゾーン、熱い暑いライブとなる。
30分のライブだったのに終わった後は持久走をしたような気分になる。
11月
久々のTV出演はテレビ朝日の「ストリートファイターズ」。
渋谷ネスカフェ で行われた公開収録で「犬の歌」を演奏する。
全出演者の演奏終了後、携帯電話を使っての人気投票が行われるがサルーキ=惜しくも3位で涙を飲む。
12月に行われるレコ発、初ワンマンライブの準備のため
恵比寿での丸二日ほぼカンヅメのレコーディング&プロモ撮影や、連日にわたるワンマン宣伝用ストリートライブを行う。
12月
「君は意志の力を信じるか!?」[POWER OF WILL] という名のもとに行われた12/14初ワンマンライブ。
当日、吉祥寺プラネットKには超満員の人が参加。
初めから終わりまで何か大きな力に導かれ、参加した約150人と共に、その空間が愛と情熱と興奮に満たされる。
ライブという何にも替えがたいひと時をみんなで分かち合い、愛ある確かな何かを生み出した夜になる。
年末には30日四ツ谷天窓「AKO'S NABE」、31日池袋ライブインロサ「カウントダウンライブ」出演、
と連日ライブが行われ、この年を充実した内容で締めくくる。

2003年

1月
1/16新年早々何と初ホールライブ クラブチッタ川崎 が大決定する!
会場入りしてまず楽屋に感動。一バンドごとに個別の部屋のうえ広い。更にはシャワールームまであるという贅沢さ。
そして何気にパンフみてたら次の日にはベンチャーズ、来月には奥田民夫の出演が決まっているではないか。
まさに夢チッタ。甲子園に出場した高校生気分になる。
そんな気負いもステージに立って、サルーキ=を応援しに来てくれたみんなの顔をみるとすぐになくなり
勇気100倍、会場の広さ関係なくいつも通り愛と情熱のこもったライブになる。
大切にすべきは音楽とそれを支持してくれるファンだという事を実感。
そしてライブ終了後、ステージの床を叩きながらいつかこのホールを満員にしてやるぞと誓う。
週末定例路上・・4本
2月
2/21吉祥寺プラネットK 『唄のハレルヤ ♯5』 に出演 (cw/moopie、Gollira、ス゛クナシ、PUB☆PEPUBLIK) 
路上ツアー開始・・6本
3月
3/15銀座5to5 に出演。
路上ツアーで色々なところへ行く。
来月の初企画イベント「一音一会」の為、路上の場所を池袋に集中。
路上・・7本
4月
4/19大塚レッドゾーン にてサルーキ=初企画イベント『一音一会』開催。出演アーティストは 児島啓介・和田多門 
路上ラッシュ・・7本
5月
怒涛のライブRASH!!スタート。
5/7下北沢クラブQUE、5/10・11大塚レッドゾーン、5/17 AKO's Cafe 四谷天窓、5/20 渋谷egg site・・・以上5本
ライブのたびに新曲を作る!と約束する。
パソコン対応HP「DOGGY HOUSE」スタート
6月
6/1中野HEAVY SICK ZERO
6/13六本木EDGEにてオーディションライブ。見事優勝!
6/15吉祥寺Planet K
6/15渋谷クラブエイジアPにてツアーファイナル。5月、6月で9本のライブを敢行。「毎回新曲!」の約束を果たす。
7月
ライブ活動はお休みして 水面下での活動。2ndCDのレコーディング!!
月末に 次回ライブ地である吉祥寺で路上ライブ2本敢行。
8月
8/1プラネットK にて約一ヶ月ぶりのライブ。chiyo 雪駄で登場!
8/15サルーキ=初ライフ゛以来の 四谷フォーバレー で、「LOVE」がテーマのイベントに参加。 
8/27渋谷egg siteすばらしいバンドとのライブ。
30日にはベイFM「路上魂」に出演。
12月のワンマンライブが決定。
9月
9/1より ワンマンライブのプロモーションのため 吉祥寺毎日路上をスタート。(「CDチケット300枚売り切れ」まで続ける。)
9/25大塚レッドゾーン「アコースティックな長い夜」に出演。
9/30いよいよワンマンライブのCDチケット発売。
10月
10/11相模大野駅前にて お祭りイベントに参加。
毎日路上も爆走中。
10/20下北沢クラブQUE にてライブ。
チケットCDの売り上げ100枚を超える。
10/26恵比寿MILK にてライブ。意表をつくロッケンロールな(!?)いでたちのメンバーに 会場は大盛り上がり・・・。
10/27発売の「Go!Go!GUITAR」で毎日路上の様子が紹介される。カラー丸々1ページ!かっこいい写真付!!
11月
11/7四谷フォーバレーにて 2ndワンマン前最後のハコライブ。
そしてなんと同じ日に上の四谷天窓にて シークレット飛び入りライブ!!
11/9実践女子短大にて初の学園祭ライブ。
11/10放送の「ストリートファイターズ」10月の月間ランキング なんと3位!!毎日路上の効果が出てる?
11/30の毎日路上最終日を待たずに ワンマンライブCDチケットが完売!
路上に来てくれた方、遠くからメッセージくれた方、みんなに支えられて91日間を走り抜ける。
12月
12/7プラネットKにて2ndワンマンライブ「吉祥寺みんなのうた」大成功。
12/14四谷フォーバレーにて、路上のカリスマYASS率いる伝説のバンド”LoRaN”のオープニングアクト大抜擢!!
12/22大好評だった2ndマキシシングル「ありがとう」追加プレス発売記念路上。クリスマスソングも演奏。 
12/30四谷天窓にて年末恒例イベント「AKO'S鍋」に出演。鍋タイムには モーリー特製鍋を出す。
12/31お世話になりまくりのプラネットKのカウントダウンイベントに出演。

2004年

1月
1/10今年初ライブはおなじみ 吉祥寺駅前 にて路上ライブ。
翌1/11は 吉祥寺武蔵野FM にてラジオ番組に生出演。チヨ番組中に「ありがとう」を熱唱。
かけつけたファミリーからは「もっと喋れ~!」と黄色い(?)声援が・・・。
1/18 新年一発目のライブは吉祥寺曼荼羅にて。
サルーキ=三周年!
2月
2/28 渋谷DeSeOにて、ウワサのイベント「音の穴」に出演。
3月
3/4は吉祥寺曼荼羅、3/7は吉祥寺プラネットKと、2本続けて吉祥寺でライブ。
4/28の武蔵野公会堂ワンマンライブ前 最後のハコライブとなる。
ワンマンライブまで 吉祥寺密着で宣伝活動を行う。
4月
ワンマンライブの宣伝活動も一区切り 20日前ということで毎日路上を復活。
4/18 ディスクイン新星堂吉祥寺店にて サルーキ=初のインストアライブ。
ライブ後はサイン会も。そして 天井にでかでかとサインをする。
4/28 武蔵野公会堂ワンマンライブ。初のホールワンマン大成功!!
平日にもかかわらず たくさんの方が詰め掛け、「喜びのうた」では会場全体の両手があがる。
5月
5/23LIFE HOUSEのろ にて ムサコーワンマンの打ち上げワンマンライブ。
レア曲満載のライブの後は メンバー、ファミリー入り混じっての大宴会。
5/31に6月オープンの 渋谷タウキッチン でアコースティックライブ。 
しばらくカホンを使った編成はお休みになる模様・・・。
6月
6/05上野公園にある野外ステージでライブ。ボーカルチヨ、脱いじゃいました。
7月
しばらく水面下での活動が主になっていたが、約一ヵ月半ぶりのハコライブを7/11吉祥寺曼荼羅で行う。
この日のセットリストはメンバーが「これぞサルーキ=」という曲を出し合った結果、上位にランクインした5曲。
7/18ディスクイン新星堂吉祥寺店にて2回目のインストアライブ。
8月
8/01昨年に引き続き ベースのユウちゃんの地元清水にて 清水みなとまつり に参加する。
今年はステージの真後ろに富士山が!青空の元 2ステージ歌う。
カズくん カホンにかわるスペシャルアイテム『ミニドラムセット』を初披露する。
8/15 よみうりランド「太陽のステージ」でライブ。午前中降り続いた雨で決行が危ぶまれたが、無事に行われる。
9月
9/5ディスクイン新星堂吉祥寺店にて またまたインストアライブ。
9/12ベースのユウちゃんの誕生日、
おなじみ吉祥寺プラネットKにて吉祥寺のストリートミュージシャンが大集合のイベントに参加。
新曲『Gold』初披露。
9/20 柏初上陸!CLUB ZAX にてライブ。レベルの高い対バンに刺激を受ける。
10月
10/3 2年ぶりに初台ドアーズにてライブ。トリを努める。
ディスクイン新星堂吉祥寺店にて4回目となるインストアライブ。
11月
この月はライブラッシュ。
おなじみディスクイン新星堂吉祥寺店でのインストアライブ、曼荼羅、プラネットK、柏ザックスでのハコライブ。
そして 川崎市でのお祭りに初参加。清水みなとまつりで出会ったブラックシーサーさんと再び共演する。
12月
9月にプラネットKで行われた「ストリート横丁」の第二回目の開催に再び参加する。
2004年最後のライブは 柏ザックスにて。

2005年

1月
インストアが2本。
おなじみディスクイン新星堂吉祥寺店に加え ディスクイン新星堂横浜ランドマークタワー店に初出演。
月末には秋葉原にあるCLUB GOODMANにて初ライブ。
2月
ライブは曼荼羅、代々木、柏の三本。
柏ではBloosom企画の「メロドライブ」に出演。
3月
秋葉原CLUB GOODMANでのライブで、第2回自主企画イベント「一音一会vol.2」開催を発表。
4月
プラネットKにてストリート横丁vol3.に またまたサルーキ=呼んでいただく。
月末には、吉祥寺西友前にてストリートライブを吉祥寺音楽祭の一環として行う。
サルーキ=初めてオーディションに応募。なんと合格!6月にZepp Tokyoでライブを行うことが決定。
5月
吉音スーパーステージ出演をはじめ、全部で5本のライブ。
四谷天窓でのYASS企画『歌族会議その壱』に呼ばれる。YASSさんとのセッションあり。
6月
6月4日ムシの日を合図に(?)サルーキ=企画『一音一会vol.2』を吉祥寺プラネットKにて開催。
当日、サルーキ=初めてのミニアルバム『みんなのうた』を先行発売。
Bloosom、フロウズン、児島啓介、サブステージでアコジィ、オープニングでの書き下ろしパフォーマンスにBaJokaと、
素晴らしいアーティストたちとの共演で最初から最後まで見逃すことのできないイベントになる。
7月30日渋谷o-nestのワンマンライブに向けて関東ツアー『みんなでシンギング』をスタート。
高崎、水戸への遠征ライブはレンタカーでの移動を初めて試みる。
7月
ワンマンまでインストアを含め5本のライブ。
7月30日は渋谷o-nestにて「みんなでシンギングツアーファイナル」と銘打ち4回目のワンマンライブを開催する。
タイトルどおり会場にいたみんなでうたう事ができる。
8月
お寺のお祭り路上、毎年恒例静岡遠征の清水みなと祭り(川嶋家大感謝!!)
仲良しバンドのフロウズン主催イベント出演、四谷天窓で浴衣ライブ、とバラエティに富んだスケジュール。
9月に発売になるコンピレーションアルバムのレコーディングも行う。
9月
9月一発目のライブは 新横浜ベルズにてオールナイトイベント。
企画で洗面器バトル(息止め対決)があり サルーキ=からはギターのモーリーとベースのゆうちゃんが出場。
なんと決勝までいく。
翌日は 渋谷O-WESTにてフリーペーパー主催のライブ。吉祥寺プラネットK推薦で出場。
当日出演アーティストのコンピレーションアルバムもこの日発売になる。
(サルーキ=は『夏の終わりのセレナーデ』で参加。)
新星堂オーディションライブでは ギターモーリーが見事「ベストギタリスト賞」を獲得。
10月
長野県松本市ピカデリーホールにてイベント出演。大型のワゴンを借りてメンバースタッフ含め大人数での移動。
月末にはBlossom企画『メロドライブVol.7』に出演。
11月
渋谷O-WESTにて、ハリケーンカトリーナ被災ニューオリンズ救済イベントに出演。
恒例になりつつある川崎のおまつりにも 2本参加。
今年初めて参加したお祭りでは 移動トレーラーステージにてライブ。
12月
SOONERSの企画イベント『LUCKY PUNCH Vol.1』をはじめ、
YASS企画『歌族会議』のクリスマススペシャルや、渋谷NESTのカウントダウンなど。

2006年

1月
2006年最初のライブは 初出演の高田馬場クラブフェイズにて。
今年は『戌年』つまり『サルーキ=の年』ということで(?)ボーカルチヨ 犬のかぶりものをして登場。
そしてそして!ついにサルーキ=に機材車が!!
2月
初めての関西ツアー。ツアータイトルは「犬だって春が恋しいワンTOUR」。
大阪・十三ファンダンゴと名古屋ハートランドスタジオの2箇所でライブを行う。
サルーキ=機材車とレンタカーの2台に分乗して大人数での移動。
フィールズ南柏というショッピングモールでのフリーライブも始まる。
3月
サルーキ=企画『一音一会Vol.3』をおなじみ吉祥寺・プラネットKにて開催。
今回は完全自主制作のCDを初売。その名も「サルーキ=2006選~卒業~」
途中、なぞのアフロユニットが登場。
4月
定期路上ライブやライブハウスでのライブをこなしながら
次のCDのレコーディングや関西ツアーの計画、一音一会Vol.4の準備などを進める。
車での移動にかなり慣れてくる。
恒例のフィールズ南柏でのライブは、CHURU-CHUWと共演。
5月
ゴールデンウイークも色々なイベントに出演。
そして二度目の関西ツアーに出発する。ツアータイトルは「若葉の頃」。
大阪はシャングリラ、ファンダンゴ、そして飛び入りでバナナホール。
初上陸の神戸ではメイデンボエッジでライブを行う。
休む間もなく 柏ジャッジ、フィールズ南柏でのライブ。
続いて川崎ラチッタデラで行われた「川崎ミュージックバトル」にミューザ代表で出場。
優勝を勝ち取る!!(商品はメンバー大喜びのビール!)
そして5/27プラネットKにて『一音一会Vol.4』の開催。
前回に続き、レコ発。「サルーキ=2006選~結婚のうた~」を発売。レコーディングではスーナーズにお世話になる。
6月
来月にせまる一音一会Vol.5柏初上陸に向けての活動を急ピッチで進める。
ハコライブはもちろん 毎週金曜の定期路上を柏に移し 宣伝活動も広範囲に展開中。
機材車グリングリンが大活躍。
初出演の代々木Zher the ZOOでは、デビュー25週年の和久井光司さんと共演する。
7月
7/22『一音一会Vol.5』を開催。場所を吉祥寺から柏に移した今回は、
宣伝活動も柏を中心に行い、少しずつアウェイであった柏での認知度を高める努力をする。
そして最高のアーティストが集結し、柏での初自主企画イベントは大成功をおさめる。
CD「サルーキ=2006選~春夏秋冬~」を発売。
8月
大阪→名古屋→(なぜか)大阪→神戸。一度東京に戻り 1日おいて柏→清水→横浜→柏。
これを 約1週間でこなすツアーを行う。
清水では 毎年恒例の「清水みなと祭り」に参加。
同じ日に なかよしバンド・スーナーズの企画ライブに出演。横浜のCLUB 24初出演となる。
そして、8/26には約1年ぶりのワンマンライブ。場所はファーストワンマンと同じ吉祥寺プラネットK。
タイトルは『SALUKI KICHIJOJI~きかせたい歌がたくさんあるのさ、ベイベー~』と
その名のとおり 新しい曲から懐かしい曲まで さらには初挑戦のコント(?)コーナー、
公開レコーディングとてんこもりの内容になる。その日から3日間連続ライブを行う。
川崎でのコンテストは2回戦も優勝!!
9月
代々木ラボにて仲良しバンドブロッサムとスーナーズとの3マンライフ゛。
お祭りに参加した後は、「秋風ツアー」がスタート。名古屋→大阪→柏という 長距離ツアー。
ワンマン前ということで 柏での定期路上もスタートする。
そんな中吉祥寺プラネットK で行われたアコースティック祭りにて、ギターのモーリー、初ソロライブ!!
8月最後のライブは 川崎ラ・チッタ・デッラ噴水広場。
10月
弟分アコジィの企画ライブに呼ばれる。アコースティック2マン、ケンジくんのバースデイライブ。
そして、2006年4回目になる自主企画イベント『一音一会Vol.6』を開催。
CD「サルーキ=2006選~枯れ葉のうた~」を発売。これでライブハウス限定CDはラストとなる。
11月
11/23 第二のホームとも言える柏にてワンマンライブ!!ワンマン前は連日、柏駅前路上をして宣伝を行う。
会場は柏ザックス。タイトルはズバリ!『SALUKI LOVE KASHIWA』。
チヨがサルーキ=のテーマでステージから降りた後 なんと ライブハウスの外へ走りだし
道行く人やコンビニの店員さんとハイタッチをして ジュースを買って帰ってきた。
その模様を ビデオで追いかけ、ザックスのスクリーンで生中継というビックリ演出も行う。
12月
12/16 吉祥寺プラネットKにて 親戚バンド Sooners との2マンライブを行う。
その名も『SALUKI ΛS Sooners』オープニングでは サルーキ=ドラムカズとSoonersドラムガジャGとのセッション。
それぞれのライブも最後のセッションも 2バンドの絆を感じられる 熱いライブとなる。
大晦日は初の2ライブ。昼は柏ザックス 夜は吉祥寺プラネットK。

2007年

1月
2007年スタートは 1/7 プラネットKにて ギターモーリーソロライブ。
2月
TOKYO FM 渋谷・スペイン坂スタジオという有名な場所でのイベントライブに参加。
末には 茨城県にある磯原高校の卒業生をビックリさせるシークレットライブ。
サルーキ=と柏で出会ったK先生の尽力により今回のライブが実現する。
3月
大阪プチツアー。
そして クラブチッタにて「Kawasaki Street Music Battle FINAL」に出場。
サルーキ=は『特別賞』をいただく。
このライブでは、ファンのみんなをステージに上げるというインパクトのあるパフォーマンスを行う。
4月
渋谷O‐WEST にてONPOO主催のLIVESTAR's FES vol.2に出演。
5月
ハコライブを休み、充電期間。レコーディング等々の準備を進める。
6月
横浜ランドマークでのイベントは中止。
吉祥寺伊勢丹前でのイベントも雨。こちらは 屋根があったので決行。
6月最後のライブ プラネットKでは チヨ体調不良のなか 熱いステージを行う。
7月
7/21、4月から準備をすすめていた一大イベント『GOOD MUSIC is GOOD!』開催!
サルーキ=、Tahnya、アランヒルズ、SOONERSの仲良し4バンドで企画、準備、宣伝を行う。
このイベントタイトルの曲を作曲してレコーディング、当日限定発売。そのための合宿まで行う。
8月
お祭りライブやオールナイトイベントがあったり、初めてのハコがあったり、夏満喫(?)の8月。
9月
東京バンドサミット2007の一次選考を突破。620バンド中の40バンドに入る。
さらにその中の6組にも選ばれ、KDDIデザイニングスタジオにてセレクションライブを行う。
柏ザックスと新横浜ベルズの交流リーグと銘打ったイベントに出演。
2週間あけて、同じ出演者で柏と新横浜でもライブを行う。
数曲のレコーディングを実施。 
10月
横浜ランドマークの円形広場イベントに初出演。前回は雨で中止となったが、今回は晴れ。
11月
ドラムのKAZU脱退により、サルーキ=に転機が訪れる。
新生サルーキ=の準備。
12月
12/30 44日ぶりの、サルーキ=復活ライブ。
サポートドラムにセンチグラムの丹くん。ゲスト(?)にサザンロックスターズ。
ロック色の強いライブで2007年をしめくくる。

2008年

昨年末の「復活ライブ」より、毎回メンバー3人+ドラムサポート体制でライブ活動を続けていくが…
8月
吉祥寺プラネットKにて行われたイベント「吉祥寺四天王」のライブをもってベースの川嶋祐輔が脱退。
同月、神田デシジョン公演より、ボーカルchiyoとギター森モーリー剛のユニット
「サルーキ=Z」として活動がスタートする。
9月
原宿KDDIデザイニングスタジオにて主催イベント「一音一会-acoustic!-」開催。
サルーキ=Zとして初のCD「愛の理想主義者/夜明け前」をリリースする。
11月
ベースに何とあの元THE STREET SLIDERSの市川JAMES洋二氏とドラムに丹マサヒロを迎え、
新宿レッドクロスにて新生サルーキ=として大復活ライブ。
同日これまでの集大成的セカンドアルバム「PAST&MUST」をリリースする。
年末もメンバーの2人(chiyoとモーリー)はヒッピー姿で都内ストリートライブなどを敢行し、向かい風のなか奮闘する。

2009年

1月
chiyo自宅にて新年の書き初めをすると共に、一念発起。自力で全国ツアーを決心する。
2月
ツアーの協力者を求め動きまわる。
毎日ブログで「ツアー車タダでください」と書き続けていたら、本当にタダで車が与えられる。
3月
chiyo+モーリー+JAMES氏+丹マサヒロ編成にて、復活第二弾ライブを新宿レッドクロスにて実施。
4月
サルーキ=全国津々浦々ツアー2009
「不況をぶっ飛ばせ!!」~Let's Spend Rock'n roll Time Together~
がスタート。
いきなり車で片道24時間かけて九州天草からツアーがスタート。久留米、鹿児島、宮崎、福岡 5箇所6公演を実施。
5月
新潟ツアー実施。
吉祥寺音楽祭スーパーステージにも参加。
6月
四国ツアー実施。
モーリーの地元・小豆島にて行われた「ピースオリーブ花ライブ」には島民約400人が集まる。
吉祥寺プラネットKにて「GO to WEST」と題し、新生サルーキ=初のワンマンライブを実施。
7月
北関東ツアー実施。群馬、宇都宮、水戸、千葉とまわる。
8月
横浜開港150年記念イベント出演、初の渋谷O-EASTのイベント出演、
三浦海岸で行われた「ロックの学園」出演、24時間テレビチャリティーライブ出演
など、夏のイベント出演に大忙し。
ツアーは名古屋・三重4公演。宮城・仙台ツアー1公演。
9月
大阪ツアー2公演実施。
東京・横浜でもサッカー競技場でのライブやバンド形態でのライブも含め6公演。
JAMES氏主催のイベントではZIGGYの松尾宗仁氏とローリングストーンズのナンバーをセッション。
10月
ワンマン一ヶ月前。連日のように都内路上ライブを敢行。
ツアーは福島いわき1公演のみ。
11月
ツアーファイナル渋谷O-WESTワンマンを開催。 満員に入ったお客さんとツアーファイナルの喜びを分かち合う。
バンドは最大12人編成でロックンロールショウを展開。内容的にも史上最高のライブとなる。
同日、市川"JAMES"洋二氏との共同プロデュースによるサードアルバム「愛とロックンロール」をリリース。
12月
フリーライブなどを中心に活動。
年内のラストライブを神田デシジョンにて「サルーキ=の忘年会的ライブ」と題し、行う。

side_00HOME.jpg
side_01NEWS.jpg
side_02LIVE.jpg
side_03MUSIC.jpg
side_04PROFILE.jpg
side_06VOICE.jpg
side_08CONTACT.jpg
side_09CHIYOBLOG.jpg
side_10MORRIEBLOG.jpg
side_12NORICHAN.jpg




jacket130.jpg
7thアルバム
「天国へのロックンロール」
2000円

7/16発売!




販売用缶バッジ.jpg
オリジナル缶バッジ
全4色発売中!
各200円

数に限りあり。
お早めにどうぞ。